HOME>記事一覧>正規採用のみならず短時間雇用の需要が増えている

経験が重要視される世界

以前に比べるとマシにはなっていますが、待機児童の問題はまだまだ深刻な状況です。ハードとソフトの両面から育児をサポートすることで、少子高齢化に歯止めがかかるのではないでしょうか。ハードが保育園の整備だとするなら、ソフトは保育士の働く環境の改善です。待遇面はもちろんですが、人員を増やすことで一人の負担は少なくなります。全国的に保育士の求人が増えていて、就職や転職を考えている方にはチャンスと言えます。また、早朝や夜間のみの短時間勤務も可能です。時代は副業解禁に向かっていますし、複数の保育現場をかけもちして働く保育士も増加中です。

保育園以外にも

保育士の転職場所は、一般の保育園に限った話ではありません。大きな企業になると保育園が併設されていますし、託児所を設ける会社も増えています。また、スポーツやコンサート会場においては、一時的な託児所が開設されています。短期の雇用が発生しますし、資格を持っていると積極的な行動に移すことが可能です。そして、老人介護施設においても保育士の資格が役に立ちます。認知症を患ってしまうと、赤ちゃん返りをしてしまいます。子どもの扱いのプロである保育士は、適切な指導が出来ると評価されています。

広告募集中